So-net無料ブログ作成

せどり転売の最初はアマゾン出品からがお約束 [失敗例]

どうもNOBORUです

まず最初にやってみようと思ったきっかけですが、自分が捨てようと思っていた本をヤフオクに出してみようとおもったことからです。

しかし、ネットで色々調べてみるとAmazonでも出品できるのがわかったのでやり方をネットで調べているうちに「せどり」という言葉にぶち当たりました。

そして、売ろうと思っていた本がなんと1300円くらいで買ったのに、アマゾンで8000円以上!

これはびっくりでした。

そこでせどりのアプリを探してみると結構あるんですね

中でも「せどりーむ」っていうのを試したところ、今アマゾンでいくらで売っているか?バーコードをかざすだけでわかるんです。

お!これすごいって思って色々な本をかざしたところ出てくるんですよねぇ~





それで早速アマゾンに出すには・・・

まぁこれは色々な動画でアカウントの取り方とか出ているので私も今度じっくりご紹介しますが…

最初はわからないことだらけだけど頭をよぎる「借金」の2文字

これを軽くするにはとにかく売れるものは売ろうって考えてまず出してみました。

案の定、出したって売れません。

価格の開きがすごいんで、取らぬ狸の・・・で利益ばかりが先に立って

とにかく売れるのがわかったら、巷でいうBook offにでも行って頑張って「お宝」を探そうとしてたんですが・・・

それでも、まずはアマゾンンに出品できただけでもかなりの勉強になりました。

まず、販売より出品ができるかどうか?そこからはじめて、じっくりとやっていこうって思ったわけです。

それでも2週間くらいで1冊売れたと思いますが、アマゾンは一定以上の売り上げが無いと入金してくれませんし、入金は今は2週間に1回だけです。(昔、アカウントを取った人は支払ボタンらしきものがあってそこをおすとすぐに自分の口座に入ってくるという話を聞いたことがありますが、確かかどうかわかりません)

とにかくぐだぐだ考えているより、最初の一歩です。

「やっちゃえ日産」じゃないけど「やっちゃえアマゾン」です。

とにかく1つでもいいから出品してみましょう。


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。