So-net無料ブログ作成
検索選択

せどり初心者向け!知っておきたいAmazonで本を売るときの注意点 [Amazon]

misutake01.png


どうもNOBORUです。

今日はアマゾンで本を売るときの初歩的な注意点をご紹介します。

と言っても僕は本のせどりは正直素人で、古本屋やブックオフに行って仕入れることはしたことがありません。

でも、ヤフオクで羽生結弦君のセット物を落札したときに新品の本がついてきたので、一緒にアマゾンに出すことにしました。







アマゾンで売るための2つの方法




アマゾンは出品して、自分で発送するかFBAと言って商品をアマゾンの倉庫に送って、注文が入るとアマゾンが送ってくれる便利なシステムがあります。

これを使うと、購入者(バイヤーって覚えておいた方が後で便利です)がアマゾンで申し込むと入金があれば直ちに送ってくれるのでとても便利です。

ただし、手数料や在庫ですので長く売れないとその分利益が減ってマイナスになることもあるので要注意です。

そこで僕は羽生君の本をFBAに出しました。

人気があるのでプレミアム、中古が新品価格より高いって現象がお起きています。

であるなら・・・登録の際、中古と同じ価格で「新品」に設定して出しました。

人の心理からすると中古より新品が安ければ新品を購入するからです。




再販制度は覚えておこう





ところがここに立ちはだかるのが書生や雑誌の「再販制度」つまり定価販売制度です。

日本ではこの再販制度というものがあって新品は定価で販売しなければならないのです。

アマゾンはお役所って考えた方がいいと思います。

だから新品の本は1円たりとも定価と差をつけると「出品停止」になります。

最初何のことか全くわからなかったのですが、この時は泣く泣く定価に修正しました。





俺様価格って・・・





これを踏まえてですが・・・

これもアマゾンのカスタマーセンターに電話で聞いたところ「中古やコレクター商品で出品するとその時は再販制度の対象ではない」とのこと

つまり新品の本を高く売りたいなら「中古ーほぼ新品」か「コレクター」で登録すれば自由に価格が設定できるということになります。

本のせどりは、ほとんどが古本などですので逆に「新品」で出すことができません。

なので、人気があって品薄な古本は高く売買できて「お宝」と言われたり「掘り出しもの」と言われたり「おいしい商品」と言われたりするわけです。

ちなみにこの再販制度を知らなかった頃、ネットで見つけた本が3600円で新品が購入でき、アマゾンで中古がなんと2万円!しかも1冊しか出ていないので早速新品を購入して「中古ーほぼ新品」で19000円で出してみました。

でも全く売れません。

別のブログで紹介しますが「モノレート」「プライスチェック」というアマゾンでいくらくらいでいつ頃売れたかが商品ごとにわかるサイトを見ると、全く売れてないし、過去の取引金額が中古で2000円程度でした。

なんで出品者(セラーという)は20000円なんて価格をつけているのか?

これがせどりの世界でいう「俺様価格」なのです。

誰も出品していないので、高額な価格で出品して「売れたらラッキー」で値段をつけている人が沢山います。人はどうしても欲しい商品を見つけてそれがあれば高くても買ってしまう人はいるのです。

これがプレミアムなんですね。

「俺様価格」を設定している人はアマゾンに商品を預けて発送まで管理してもらえるFBAは利用せず「自己発送(出品者から出荷)」でじっくり待つやり方をしています。

そうすると在庫などの料金がかからないからです。

このやり方も悪くはないですが、とにかく売れるまでは相当時間がかかる(これをロングテールって言います)し、結局売れずに価格を落として売るなどの手を使わなければなりません。

僕の19000円で出した本は結局、購入した3600円迄おとしてみたら売れました。

せどり初心者が陥りやすい「再販制度」と「俺様価格」には十分注意が必要かもしれません。




スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。