So-net無料ブログ作成
検索選択

小資金でせどりをやるならまず資金の回転が最重要! [店舗せどり]

dress07.png

どうもNOBORUです。

今日は巷で言われる「せどりで月収100万円」とか「3か月で月収100万円」とかいう数字を考えてみようと思います。


まず資金がなければ仕入ができませんね。

僕みたいに借金苦でいきなり何十万円も仕入に使うお金がない人は、月収100万円は夢のまた夢です。

でも小資本でもせどりはできますし、時間はかかりますが継続していけばそれなりに収入は増えるはずです。



まず、よく考えてみてください。

月収100万円というのは利益が100万円ですよね。

そうすると売上つまり月商はいくらで仕入はいくら?っていうことになりますね。

1つの商品が売れたら売上3000円、そのうちの利益が1000円とします。

そうすると1日に10個売れたら1万円の利益、×30日で利益は30万円になります。

これを考えると1日に30個売れたら3万円の利益、×30日で90万円ということになります。

どうですか?小資本でこんなこと一人でやるとなるととんでもない忙しさになりますね。

だったら1個売れたら2000円の利益が出る商品を売れば、売れる個数は半分でいいわけです。

でも10個売れても月収は60万円!


こうなると価格差のある商品を見つけて出品するしかないかもしれないですし、利益は薄くてもとにかく早く売れる商品を探すということになるわけです。

その方法はモノレートやプライスチェックを使ってリサーチしていくのですが、この方法は別のブログで解説します。

今日、僕が言いたいのは、小資本小資金でせどりを始めるということは月収100万円にたどり着くのは相当の時間と高いモチベーションの維持がなければならないということです。

聞くところによると、せどりをはじめて3か月であきらめるという人が8割以上いるそうです。

1、なぜなら資金が少ないので仕入れが思うようにできない
2、価格差のある商品を見つけてそれを出品してなかなか売れない
3、売れない日が続くと「もうどうでもいいや」になってしまう

まぁこのほかにも色々あると思います。

僕の場合「借金苦」があるので「石にかじりついても」って感じで今も続けているわけです。

まず、始めたばかりは資金が少ないので仕入が思うようにいきませんので、資金の回転を意識して、なかなか売れないようなら思い切って安値で売ってしまって、資金を一旦回収したほうがいい時があります。

資金が豊富な人は、ほったらかしにしておいて売れるのをじっくり待ってもいいでしょうが、僕のように明日はどうなるかわからないような人間は、待ってられませんので、利益が薄くなっても「回転」を考えなければならないのです。

今はそういう時期だと思っています。

価格差がある商品を見つけて出品するところまで行くと、ついついいくら利益が出るからって取らぬ狸のなんとやらなんですが、なかなか売れないもんです。

毎日、いや毎時間、いや数分ごとにアマゾンの管理画面に入って「売れたかどうか?」チェックするって楽しい反面、全く何も売れない日が続くとさすがにマインドが冷え込んできてしまうんですよね。

だから高いモチベーションを維持することは本当に小資金ではじめた人は大変だと思います。

でも1ヶ月10万円の利益が見えてくると徐々にですが、せどりの自分なりのやり方が身についてくるものです。

先日も書きましたが、電脳せどりだけでなく、近くのリサイクルショップに行ってみて「セドリーム」でリサーチしてみるとたまに「お宝」にぶち当たるときもあります。

今日もぶらっと近くのリサイクルショップに入ってDVDをリサーチ・・・

ほとんどが利益がとれません。

しかしキムタクの「HERO」ってご存知ですか?

このDVDが棚にあったので売値が5980円

小資本の僕にとっては6000円近くの商品を仕入れるというのはちょっと勇気がいります。

JANコード;4988002532803

中古ですがアマゾンでいくらになっているのか?見てみるとなんと19000円前後で取引されているではありませんか!

昔の僕は、これはおいしい!って思って何も考えずに1万円くらいは取れそうって考えてすぐ決断しますが、最近は絶対そういうことはしません。

「俺様価格」になってないか?全然売れてないのではないか?売れ行きはどうかをモノレートを使ってじっくり見て決断しています。

ランクもかなり波が激しく、小刻みに売れていることがわかりました。

早速家に帰ってきて、出品です。

今日FBAに出したばかりなので、また仕入でまとまるまでは、自己発送です。

自己発送だと1万円は十分取れますので、中古でも状態がいいので「非常に良い」で出品!

価格は中古でも最安値で出しました。

FBAに出すまでは、このくらいの値段で出しておけば、万が一購入者が付けば結構な利益が出ますね。

よく、仕入れたら価格設定はFBA価格にしておいて、出品するまで売れないようにしておく人が多いそうですが、僕のように余裕のない人は、利益が取れるならまずは資金の回転を考えて、こうしたやり方でとにかく早く利益を確定してしまうというのがいいと思っています。

さぁ、次回FBAに出す迄に売れるか?それとも出す前に自己出品で売れるか?結果はまたこのブログで報告します。

今日はなんだか焦点ボケのブログになりましたが、小資金で始めた人のせどりは、余裕をもってとか大きな利益をなんていうことより、まずは資金の回転が一番大切だと思います。

とにかく「限界を超えたところに本当の可能性が潜んでいる。その直後、道はひらける」です。

頑張ってください。


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。